北京堂鍼灸マッサージ治療院 新百合ヶ丘治療所 腸脛靭帯炎



HOME > 腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎(腸脛靭帯摩擦症)

陸上部(長距離)の方やマラソン・ランニングをされている方、登山をされる方に多く発症します。

 腸脛靭帯は、ももの外側を走行していますが、膝を曲げ伸ばしした時にももの下の外側の骨の出っ張り(大腿骨外側上顆といいます)に過剰に摩擦を繰り返すことにより炎症が起きます。

 運動時痛を起こしたり、ひどい場合にはじっとしていても痛みを感じるようになります。鍼治療は、外側部の緊張の強い筋肉や靱帯周辺を集中的に治療します。

 大会の出場が迫っている方は、なるべく早く治療を行い、万全の状態で大会に臨んでほしいと思います。

予約制 044-712-7171