北京堂鍼灸マッサージ治療院 新百合ヶ丘治療所 寝違い・首肩こり・頭痛・頚肩腕痛



HOME > 寝違い・首肩こり・頭痛・頚肩腕痛

寝違い・首肩こり・頭痛・頚肩腕痛・頚椎症・ムチウチ症

・寝違い(寝違え)

寝違いは、朝起きがけに首が回らなくなったり、上を向けない、下を向けないなど生活に支障をきたします。
この様な急性症状には、北京堂の鍼が功を奏します!
治療前に痛かった方向に首を動かしても、治療後は痛みがかなり軽減するか痛みが消失していることが多いです。

治療対象筋肉:胸鎖乳突筋・斜角筋・肩甲挙筋等頸部の筋緊張の強い筋肉に刺鍼します。


・首肩こり 頭痛

パソコン操作などのデスクワークを仕事にしている方や、長時間机に向かっている学生の方に多いのですが、下を向いて長時間同じ姿勢をとり続けると、頚部まわりの筋肉、特に後頚部の筋肉が重い頭を支えようと持続的に収縮し続け、カチカチに硬くなってしまいます。
 それにより、そこを通過している血管・神経を圧迫し、重だるさや痛みを出します。場合によっては、頭痛も併発します。

治療対象筋肉:上頭斜筋・小後頭直筋・大後頭直筋・下頭斜筋・側頭筋・頭半棘筋・肩甲挙筋・斜角筋等の筋緊張の強い筋肉に刺鍼します。

・頸肩腕痛(頚椎症・頸椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・ムチウチ症)

頸肩腕痛とは、頸部から腕にかけての痛みをいい、頚椎症・頸椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・ムチウチ症(頸部捻挫)等で頚肩腕痛をきたします。
 椎間板変性や炎症により、神経が刺激を受け、関連痛として首・肩・後頭部等に痛みが出ることがありますが、事故等で何かしらの外力が急激に加わった場合を除き、椎間板がつぶれてしまう一番の原因は、頸部まわりの筋肉が硬くなったことによる椎間板への圧迫が、変性や炎症を引き起こす根本であると考えられます。

治療対象筋肉:頭半棘筋・回旋筋・多裂筋・斜角筋・肩甲挙筋等の筋緊張の強い筋肉に刺鍼します。

予約制 044-712-7171