北京堂鍼灸マッサージ治療院
新百合ヶ丘

~インナーマッスルにも届く深鍼で、完治を目指します!~

 
 
 
開院時間
  10時~21時(※当日予約19時電話受付終了)
 
※19時以降の予約が入っていない場合は、19時で閉院いたします。     
※ご来院の際は、お電話でご予約ください。
 
 休診日
  日曜日(日曜日以外の祝日は営業しています!)

 

 
 予約優先044-712-7171
 アクセス小田急線百合ヶ丘駅から徒歩3分
         駐車場あります

足底筋(腱)膜炎

過使用症候群の一つであり、足底筋膜の踵骨付着部付近の運動時痛、歩行時痛を主訴とする疾患です。
 
足底筋膜とは非常に強い縦走線維からなり、足の縦方向のアーチ形成に関係しています。
また、踵部が接地する際の衝撃を吸収し、歩行時の足部の安定化にも大きく寄与しています。
 
ランニングやジャンプを多用するスポーツ、またはスポーツとは関係なく長時間の立位での仕事による繰り返しのストレスにより、踵骨隆起内側などの足底筋膜付着部に微小損傷が起こり、腱膜炎・骨膜炎・付着部炎・滑液包炎が生じ発症します。
 
回内足・回外足・ハイアーチ・偏平足といった足の構築異常が、発症の背景にある場合もあります。
 
回内足・回外足では、足部着地の際に強い回内・回外を強制されるために損傷されやすいです。
ハイアーチでは、柔軟性不足のためストレス過剰により損傷されます。
偏平足では、衝撃吸収能力、荷重分散能力が低下しているため損傷されやすいです。
 
 
整形外科で、画像診断により踵骨付着部付近に骨棘がみとめられたとしても、それが必ずしも足底筋膜炎の痛みの原因とは限りません。
病院で足底筋膜炎と診断を受けた方は、当院で鍼治療を受けてみてください。